2014年11月19日

MacProにUSB3.0カードを取り付けてみた

はい。ここ最近、すっかり寒くなり毎日の服装に悩む日々が続いています。

前回の記事で買いたいと書いていた iMac4kがまさかの iMac5k として登場しましたね!!

iMacRetina5Kディスプレイモデル

2011年5月8日に妄想で書いた

”次にiMacの32インチあたりが出て、
今の27の2560*1440に+縦横1000ぐらいの解像度の物が出たら買います”

新型iMacが出たり、部屋の掃除をしたり・・・

の文章がまさか本当になるとは思っても見ませんでした。
本当というか、予想の更に倍くらいになってますね。時代の進歩って怖いもんです。

5kiMacはそのうち買うと思います。
今のところ、個人的に買うだろうと予測してるのは2,3,4月の学割があるときか、
5月か6月にMid2015が出るタイミングだろうと思ってます。

自分でもいつ買うのかよく分かってないので、いつになるやらお楽しみです。
ただ、現状では今の環境にそこまで困ってないので急ぐ必要もないかなと思ってます。


ここ最近の個人的な出来事としては、MacBookProRetina13とiPadAir 64GBを買いました。

送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ


MacBookProRetina13はMacBookAir11の代わりに
iPadAir 64GBはiPadAir16GBから容量不足のために買い替えました。
せっかくならiPadAir2にしとけばいいのにと思うところですが、びっくりするほど安かったのでいいんです。

MacBookAirからMacBookProRetina13へはThunderboltケーブルを使って転送したのですが、
120GBほどが10分で転送終了しました。
半日仕事だった数年前からすると、驚くべき進化です。

これだけ盛大にお金を使うともちろん金欠になるわけで、今回一気にたくさんいろいろ売りました。

送信者 seesaaブログ


この写真はAppleユーザー卒業キットと名づけてます。

私の数ヶ月前のモバイル環境がすべて無くなったのである意味本当に卒業キットです。
iPhone4Sは無くなってちょっと悲しいなと後悔してたりします。
(MacBook黒を買ったり、R61が戻ってきたりもしたのですがそれはまた別の機会に)

さて!毎度おなじみ長い前書きは終わりやっと本題です。

今回の主役はなんとメーカー提供品です。

inateckさんよりレビュー依頼メールを貰いまして、USB3.0カードを頂きました!!!!!!!!
(正直、最初は悪質なイタズラなのかと思いましたが、本当に頂けたのでとても嬉しいです)

送信者 seesaaブログ


KT4004 という商品で、Mac対応の4ポートカードです。

KT7001 という7ポートの物と選ばせてもらえたのですが、
7ポートは別に電源が必要でしたので、今回は別電源不要な4ポートの物を頂くことにしました。

箱の内容物はUSBカードとWindows用のドライバーディスク(Win8だと不要らしいですが)
あとはマニュアルと取り付けネジです。

送信者 seesaaブログ


ボード本体はとてもシンプルな作りで、隣のポートを邪魔したりしないのでとてもいいと思います。

送信者 seesaaブログ


今回レビューに関してはせっかくWindowsもMacも対応しているカードなので、両方の環境で試してみました。今後使っていくのはMacですが。

Windowsは普段サーバーマシンとして24時間起動している
FUJITSU PRIMERGY TX100 S3を

送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ



MacはMacPro Early2009 8coreモデルを使用しました。

送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ


両方共、近くのポートにグラフィックボードが刺さってますが、特に邪魔になることもなく小さくていいです。

USB3.0の領域を一杯一杯使った検証としてはSSDを使うのが一番良いだろうと思ってはいたのですが、
使ってないSSDがなかったので、今回は HITACHIのHDDを使いました。

送信者 seesaaブログ


HDDケースはMacBook Proなどで使用実績があった
Owltechの OWL-ESL25S/U3(B)を使用しました。

Macに関しては、OSXYosemiteで差しこむだけで勝手に認識されましたが、

送信者 seesaaブログ


Windows7ではドライバーディスクよりドライバーのインストールが必要でした。
インストールと言っても、nextをクリックしてれば終わります。

送信者 seesaaブログ


送信者 seesaaブログ



肝心のベンチマークですが、WindowsではCrystalDiskMark 3.03を
MacではBlackmagic Disk Speed Testを使用しました。

まずWindowsですが、

●USB2.0

送信者 seesaaブログ


●USB3.0

送信者 seesaaブログ



次にMacです。

●USB2.0

送信者 seesaaブログ


●USB3.0

送信者 seesaaブログ


数字に綺麗に進化が現れてますね。素晴らしいの言葉の限りです。

2.5inchのHDDなのでUSB3.0だとHDDの限界数値を綺麗に出し切ってる感じがします。
実際に体感速度にも現れていて、中に入れている写真データが待ち時間なくさくっと表示されるようになりました。

あまり褒めてばかりだとダメだと思うので、あら探しをすると
Windows版のドライバーインストールはnextをクリックするだけとはいえ、正直わかりにくいです。
ディスクからだとまだマシですが、Webから最新版をインストールするのはやりにくいです。

あと、超強引に文句をつけるとしたら、ポートカバーがMacProの色にあってません。
シルバー色だともっと一体感が出てよかったかなと思います。


最後の2つのアラは性能にはどうでもいいことです。
貰い物を褒めるのはなんだかヤラセみたいで嫌ですが、今のところは特に問題なく快適に使えてます。

実売価格3000円くらいでUSB3.0が使えるようになるので、導入してみる価値はあると思います。
 
レビュー記事ってこんなものでいいんでしょうか?不安になりますね。

それでは、また。


posted by koudai at 00:37| Comment(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。